Welcome Guest 
研究者要覧の表示
検索
総合教育科
准教授    修士 (文学)
 
クサカ ヨシハル

日下 佳春

KUSAKA Yoshiharu
 
TEL 0897-77-3000
電子メール kawanogen.yuge.ac.jp
URL http://www.h6.dion.ne.jp/~kawan
 
学歴・職歴
学歴 広島大学大学院大学院 文学研究科 東洋史 修了 (1990)
広島大学 文学 史学 卒業 (1986)
職歴 1990年弓削商船高等専門学校講師
現在准教授
講義
担当授業科目 本科:地歴2,公民1,公民2
専攻科:なし
教育上の実績
研究分野
所属学会 東南アジア学会
受賞学術賞 なし
研究分野 歴史学(キーワード:歴史 インドネシア マルク)
研究テーマ マルク地域の近代の歴史
研究テーマ補足用PDF
研究業績
論文・解説
  • 2015年のアンボン情勢―ブル島ボタッ金山問題を中心に― 弓削商船高等専門学校紀要 巻 38号 91-96頁 (2016)
  • 2014年のアンボン情勢について ―紛争・和解と地域伝統― 弓削商船高等専門学校紀要 巻 第 37 号号 93頁 (2015)
  • アンボン2011年9月11日暴動に関する覚書 弓削商船高等専門学校紀要 巻 35号 91頁 (2013)
  • 最近のアンボン情勢についての覚書 弓削商船高等専門学校紀要 巻 29号 137頁 (2007)
  • 欧文資料から見たアンボンのブトン人 早瀬 晋三『不可視の時代の東南アジア史 : 文献史料読解による脱構築』 巻 号 頁 (2006)
  • 「テロとの戦い」とインドネシア 弓削商船高等専門学校紀要 巻 28号 41頁 (2006)
  • 初期アンボン同盟をめぐるアンボン地域情勢ー1923年を中心にー 広島東洋史学報 巻 11号 23頁 (2006)
  • アンボンの村落自治と国民東インド党 史学研究 巻 225号 46頁 (1999)
  • M・ハッタの協同組合論について 今永 清二 編 『アジアの社会と文化』 巻 号 183頁 (1994)
  • 著書
    研究発表
  • 1999年以後インドネシア・アンボン地域紛争の拡大終息過程における エスニシティ(民族性)の役割について 東南アジア学会第88回研究大会 (2012)
  • 20世紀前半におけるアンボン村落社会の変容−資源管理慣行『サシ』を中心に 東南アジア学会第78回研究大会 (2007)
  • 欧文資料から見たブトン人とアンボン 見えない科研研究会2005年7月16日 (2005)
  • 18世紀マルクにかかわる欧文史料について 見えない科研2004年5月15日研究会 (2004)
  • 初期アンボン同盟とアンボン地域情勢について−1923年を中心に− 東南アジア史学会第64回研究大会 (2000)
  • 共同研究・受託研究
    特許
    社会貢献活動
    役員等 なし
    公開講座等
    その他
    校内役職等
    (2016年03月25日更新)
    XOOPS Cube PROJECT
    弓削商船高等専門学校 www.yuge.ac.jp